sales_scientist_nakatani’s blog

「営業というアートを科学する」Sales Scientist中谷真史のブログ。 慶應義塾大学経済学部卒。新卒にて入社した外資系製薬会社にてトップセールスを経験。 その後、総合系コンサルティングファーム、独立系セールス・マーケティング領域の経営コンサルティングファームを経て、 営業コンサルタントとして独立。SaaS系Sales×Technologyスタートアップにも勤務。

優秀な営業マンが高い買い物をする理由

f:id:sales_scientist_nakatani:20180812182022p:plain

 

優秀な営業マンの中には高価な買い物をする人が多い。

 

これには3つの理由がある。

  1. 良質な物を持ち、セルフブランディングする
  2. 良質なサービスを体験することで一流のサービスを提供できるようになること
  3. 自らを金銭的に追い込み目標達成意欲を増幅させる

この3つは以下の通りである。

 

1.

例えばスーツやネクタイ、靴、ボールペンなど。

印象を良くし、信用を増し、商談を彩る。

これによって受注確度を上げ最終的にその投資は回収する。

 

2.

レストランやホテルなど、確かなサービスの受けることにより

自然と場慣れし、自身の所作も変わる。

顧客のランクが上がれば上がるほど受注金額も上がるが、

同時にマナーや立ち振る舞いの見る目も厳しくなる。

そういった際に、この経験が問われるのである。

 

3.

そもそも、まだ大して成果を残していないにもかかわらず

数百万の時計を買ったり高級外車を買ったりし、

その後に大きな成功を成し遂げる人は多い。それがむしろ

トップセールスになる人の兆候とも言える。

若手芸人が"売れていないのにまず高い家に住む"という

自分へのプレッシャーと同じだ。

大金を払い、背水の陣で仕事をすることによって、

(特に営業職は頑張りですぐに給料が変わりやすいので)

業績を上げなければならない状態を作るのである。

 

このように、若いうちに格の高いモノやサービス、世界を体感、経験することで

自らの人間としてのレベルを引き上げ、それを業績に反映させる。

 

これはあくまでも感覚値になってしまうが、

トップセールスの共通項の一つと言える。

 

なかなか業績が上がらず困っている方はまず一回、

持ち物などにお金を掛け、形から入ってみてはいかがだろうか。